読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

連れて行くよ、JOURNEY

関西ジャニーズJr.の大谷怜爾くんを中心にアイドルを応援しているブログ。

How to GO WEST 〜K・A・N・S・A・I〜

このタイトルにはGOとWESTの間に前置詞のtoは要るのかということで2分くらい悩みました。

たまには有益なことをブログにしてみたいと思い・・・旅人もすなるブログといふものをオタクもしてみんとてするなり・・・とか思って更新するに至りました。

 

前置きはさておき、やっぱり私は東京在住ということで自担を見るためにはなんらかの形で500Kmを移動しなければならなくて、正直しんどいですし、21歳といっても体力に限界がありまして自分のためにも「大阪に行く最善の方法チャート」みたいなのを作ってあげたいと、今後の自分のために(大事なことだから2回ry)記録を残そうと思いました。…というのは一因にすぎず(笑)、やっぱり同じような悩みを抱えている方のためになればいいかな!と思っています。

 

東京から大阪に行く方法と言いますと新幹線やらバスやら飛行機といった3大交通機関が頭に浮かぶかと思います。もちろんそれぞれメリット・デメリットがありますし、目的やその場に応じて最適な乗り物は変わってきます。時期も一つの要因です。そういったことを前提として、「こういったときはコレ!」「こういう人はコレ!」と場合分けをしていきたいと思います。

 

 

 

★ここから本題★

 

まずこの記事は「自分にとって」という目線が多くなるので私のスペックを公開しようと思います

☆スペック

・学生なので学割使います

・地下鉄大手町駅が定期圏内

・大学から東京駅が一本(20分)

・家の最寄りから東京駅が二本(25分)

・家の最寄りから成田・羽田が二本(1時間超)

 

こんな感じです・・・!もしも家が空港のそばだ〜とか、家の近くから大阪行きのバスが出てる〜とかそういうことがあればきっと色々変わるのだろうけれど、至って普通なところで生活をしているのであまり地理的な問題は気にしません。

 

では早速!!

 

東海道新幹線(のぞみ)

・所要時間 約2時間30分(東京〜新大阪)

・金額 13620円(自由席)※学割で11870円

 

*メリット

・自由席ならいつでも乗車可能

・飛行機やバスのように到着が遅れる心配は低い

・天候の変化に強い

・一番手軽に乗車できる

・当日まで大阪に行くかどうか悩むことができる

 

*デメリット

・会場や家から駅が遠い場合、終電を気にしなければならない

・混雑期はほぼ座れない

 

<エピソード>

 だいたい公演が21時に終わるようなコンサートだと、アンコールを抜ける覚悟が必要です。新大阪→東京の終電は21:23分発(2015年9月11日現在)です。長所とも取れるのは「乗車券は当日でも買える」=「当日まで行くか悩める」ことだと思います。

ただ「◯◯時発に乗らなきゃ」という焦りがないことに甘えすぎて当日も時間感覚を疎かにして結果的に公演に遅刻してしまったり、公演そのものを逃してしまうこともあります(ソースは私)。

GWや長期休暇は指定席・グリーン車ともにすぐ埋まってしまいますので、前日まで悩む場合は自由席を確保するほかありません。もちろん乗車率は100%を超えてきますし、最悪の場合立ちっぱなしで2時間30分を過ごすかもしれません。身体的に楽をしたい方にはリスキーだと思います。

天候の変化に強いというのは主に雪のことです。雪が降った場合、バスと飛行機は確実に遅れますし、降雪量によっては止まります。実際雪でバスが止まって公演に間に合わなかった友人はたくさんいます。しかし、新幹線は(というより日本の列車というものは)1分でも遅れることを悪と捉える雰囲気がありまして、雪でも(さすがに遅延は覚悟ですが)元気に動いている印象です。

 

<こんなあなたは新幹線で!>

・ちょうどいい時間に会場に着きたい

・公演日に雪が降りそう(台風になりそう)である

・まだ自担がバックに着くかわからない

 

<新幹線は避けるべき場合>

・寝坊癖がありかつ1部公演のチケットを持っているあなた

・家から東京駅が遠く、終電が早い場合

・公演が21時を超える、新大阪に着くのが21:20以降になりそうな場合

・たかが2時間30分の移動時間に1万以上も出していられない場合

 

 

 

②バス(主に夜行バス)

・所要時間 約7.5〜9時間(東京〜大阪)

・金額 500円〜15000円(時期・種類など様々な要因による)

 

*メリット

・安い

・睡眠時間を移動時間として有効活用できる

・(バスによっては)ラウンジを利用できる

・バスなので目的地付近まで行ける

 

*デメリット

・眠りづらい人は眠れない(騒音・揺れ・光がある)

・寝ることに体力を使うので疲れる

・混雑期は早めの予約が必要

・天候や交通状態に弱く、遅延の可能性あり

 

<エピソード>

まず閑散期の冬は夜行バスしか乗ってないんじゃないか?レベルでバス乗ってます。安い。平日のVIPライナーの女性専用車チェリッシュなら4000円くらいでしょうか。何より夜行バスには難波に止まるものが多くて、松竹座に行く際には助かります。目を閉じたら寝られる人間の私は重宝してます。

一方で、前もって予約が必要であったり、混雑期は7000円くらいの値段になってしまうことがネックです。絶対にこの日は大阪に行くんだ!って時しか予約できません。一週間前からキャンセル料かかるし。返金も面倒臭いし。

それでもやっぱり新幹線で行くと決めた日に寝坊をかました時は、「あぁ、夜行バスで行っていればこんなことには…」と思いました。

あとは天候です、雪の日はウン時間単位で渋滞するしバスダメ絶対!って感じです。台風も影響してくるのでバスに乗るあなたは天気予報に目を通しましょう。

 

<こんなあなたはバスで!>

・寝坊して公演に入れなかったら困る人

・新幹線代が高すぎて高すぎて震える人

・早めに現地についてのんびりしたい人

 

<バスは避けたほうがいい場合>

・明日の天気が危うい

・絶対眠れない自信がある(夜行で寝られないと確実に公演中に寝ます)

・バス乗車地・降車地が家・会場からめちゃくちゃ遠い人 

 

〜ちょっとしたメモ〜

私は夜行バスに乗る際は、「アイマスク」「メディキュット」「エア枕」を必ず持ち込みます。遮光カーテンがあるとはいえ光が漏れてくるし、足を下にしたまま長時間座っているとむくむし、最初の二つは必需品です。エア枕はあったほうが安心できるので持ち込んでます(笑)

気をつけたいのは携帯のアラーム。マジで高頻度で鳴ります。この前はジャニーズWESTの「Wake up!」が大音量で流れてました。携帯アラームオフ、マジで頼みます。

 

 

 

③飛行機

所要時間 約1時間半(羽田成田〜関空伊丹神戸)

金額 5000円〜2万円(時期・種類など様々な要因による)

 

*メリット

・とにかく速い

・バスより体力使わないし(時期によっては)新幹線よりも安い

・マイルが貯まる

 

*デメリット

・基本的に会場からかなり遠いところに空港がある

・手荷物検査のため、時間に余裕が必要

・機内ではインターネット使用不可のため割と暇に感じる

・あらかじめ予約が必要

 

<エピソード>

JALANAスカイマークpeachジェットスター…他にも色々と乗ってきましたが、会社問わず、飛行機ってめちゃくちゃ「旅してる感」があってすごく好きです(笑)というのもやっぱり新幹線やバスと比べて客室乗務員さんの数も膨大だし、サービスが一番だと思います。サービスと言えばpeachに乗った時に関空から難波までの割引乗車券を購入できて、「需要分かってるなあ(笑)」っておもいました。

一方で空港がめちゃくちゃ遠いところにあって、空港に行くのも空港から会場にいくのも本当に疲れます。「あー飛行機やめればよかった」と思うのはいつも決まって電車の中。荷物も持ち込めるものに制限があるし(最近知ったけど預け荷物の中にスマホの持ち運び充電器入れるのアウトらしい)、めんどくさい〜新幹線のりたい〜〜〜!!!って思います。

あと天候に弱いですね。特に大雪と台風。欠航になったら急いで東京にもどって新幹線に乗るのかと思うと…(疲)lccだと欠航の対応も悪いのですぐに判断しないと大阪に着けないですよ…

 

<こんなあなたは飛行機で!>

・バスも新幹線も乗り飽きた人

・家が空港に近い人

神戸ワールド記念ホールに行くあなた

 

<飛行機は避けたほうがいい場合>

・台風(大雪)が近づいている場合

・混雑期(めちゃめちゃ代金が高いので)

・地図があっても迷子になるタイプの人(空港はマジで広いです)

・ギリギリでいつも生きていたい人(もれなく呼び出しくらいます)

 

 

 

、、、とまぁ軽くまとめてみました。とりあえず誰かの役に立てたらいいなぁって思います!

あ、5月に新幹線の火災事故がありましたよね。来年から防犯カメラが取り付けられることが決まったそうです。あと2020年のオリンピックに向けて各交通機関全て、少しずつ厳しくなるんじゃないかなぁと勝手に予想しています(笑)

 

なんにせよこの記事を見た人が最適なルートで大阪に向かえることを願っています☺︎

では、Have a nice trip〜♩