読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

連れて行くよ、JOURNEY

関西ジャニーズJr.の大谷怜爾くんを中心にアイドルを応援しているブログ。

関西ジャニーズJr. 春休みスペシャルshow2015 感想

2015年3月21日〜3月31日まで大阪松竹座で行われた「関西ジャニーズJr. 春休みスペシャルshow2015」についての感想です。

 

★…怜爾くん出演曲

 

★Happy Happy Lucky You!!

もはや春の定番ソング。ハピラキ聞くと春だな〜って思います。

幕があけるとメインがサビまで歌い、サビに入るとセット回転で裏にいるJr.がこんにちは。定番である怜爾くんの足ピョイが垣間見れたので、安定の楽しい春の始まり。

あ、怜爾くんの「一緒に楽しもう」の踊り方め〜〜〜っちゃ可愛くないですか!?ずっと言おうと思ってたけど!!可愛い!!

 

サクラ咲ケ

階段最上階から降りてきて中段へ。階段降りるときに康二とハイタッチしてた。

 

★さくらガール

階段を降りる。上手の一番端っこ。

サビまでワンフレーズごとに一人ずつピンスポが当たる。怜爾くんは「僕に何が」でした(笑)本当に一瞬だけど、かっこいいんだからぁ〜〜!!

本家のさくらガールに思い入れがあるので、切ない気持ちになりました。歌詞がぐっとくるよね。

 

☆ぶつかっちゃうよ

ちびラインに背の高いお兄さんが・・・!まぎれもなく小島健。本当にこじけんは顔が綺麗で背が高くてかっこいい。好きです。

 

★君にHITOMEBORE

最後の最後の最後で出てきます。それまでは14年組含む各ラインがそれぞれでてきて、最後で全員合流。

「それが人生変えることだって キメることだって」「マジデヒトメボレ」の踊り方可愛いなぁと思ったんだけど果たしてなぜ可愛いのか全くわかりません。かわいいに!理由なんて!ない!!!

 

★NEXT STAGE

関西の定番ソング。ネクステに関しては重岡くんがあの7WESTの赤い衣装で真ん中にいて、という記憶しかなかった。「奇跡なんかいらない」の足の使い方が本当に大好きで、ネクステがかかるたびに双眼鏡で足を見ていたことを思い出しました。

で、永瀬廉さんが、その赤の衣装(それも重岡くんのやつ)で、センターにいて、踊ってると・・・!

負けました。見てしまうの、れんれんを。れんれんの足を。あの赤い衣装の、金色の部分を見てしまう・・・

幸いなことに怜爾くんはれんれんの近くにいたので二人まとめて見ることができたけど、どうしてもあの衣装×ネクステ×センターの組み合わせに弱いのかもしれない。目が行くんだよ〜〜そしてれんれん、似合ってるよ〜〜〜!!

いつか怜爾くんも、この衣装を着てネクステを踊る日がきたらすごくすごく嬉しいです。

あ!このネクステ、間奏で光るステッキを使った演出があるんですけど、ステッキを持った怜爾くんとかもう「僕のシンデレラ」(まいど!ジャーニィ〜 2014年1月12日参照)以外の何でもなくてはぁ可愛いってなりました。

最後にステッキで大きなひし形を作る際になるべく隣の人と線を途切らせないようにしようとして、目が左右にずっと動きっぱなしだったのが怜爾くんらしくて可愛かったです。

 

Ladyダイヤモンド

☆オリジナルスマイル

明日に向かって

14年組の紹介があって、フレッシュJr.メドレーがスタート。

ま、正門くんとかってフレッシュJr.でいいんですか・・・!?(小声)

 

★おなじ空の下

えーーーいつのまに階段の上にいるのーーー!?

黄色の衣装。怜爾ポーズ炸裂してて萌えすぎたけど戦いはここからである・・・!

 

★秘密

それはきっと幻じゃない 君の目がくらんでるだけ

それを僕が癒せるなら 手をかざしてパワー分けてあげたい

僕の願いもついでに届けばいいのに

未だに君は気づかない 僕を困らせるばかりさ

もう可愛い。可愛いの暴力だった。

君の目がくらんでるだけ」でみーぎ!ひだり!みーぎ!ひだり!って指をさすんだけど、多分こういう右左繰り返しの踊り得意だよね・・・?

いやその指をさすに苦手も得意もないのは分かっているけれど、なぜだろう・・・男ネバギバの「スマイル スマイル スマイル」とか、ハピラキの「元気 勇気 本気を」とか、可愛いなと思う瞬間には右左繰り返しであることが多い気がする。なんでだろう〜?

手をかざしてパワー分けてあげたい」パワーを分けてくれるような振り付けです(語彙力)

僕の」右左繰り返しだからかわいい。手をクルックルッてひっくり返すような動作があるんだけど、足もそれに合わせて動くので可愛いが溢れて止まらなかった。

願いも」縦に波波〜みたいな(絶対伝わらない)。怜爾くん、指柔らかいなぁ〜!?って感動しました。

この曲の間奏では、Jr.の秘密を暴露するコーナーが。クリパでいうジパングの感謝みたいなもの。いわゆる12年組ちびラインと14年組が発言してました。

 

(本家の秘密確認したんですけど、まったく同じ振り付けなんですね!恐るべし強火二宮担、だいごりん・・・)

 

世界がひとつになるまで

14年組が曲の最初に挨拶。

長くなりそうなので端折るけど、怜爾くんの手話は綺麗です。これは普段から手話を言語としている人が見てもそう言うと思う。

ただの振り付けなので手話の話になるのはあれなんだけど、怜爾くんって、指が柔らかいので細かいところもちゃんと表現できてていいなあと思います。なにより手話で大切なのは口も動かすことだと思っているので、普段から曲を口ずさんでるのがここで発揮されてよかったなぁと思いました。

 

★勇気 100%

前から思ってたけど、勇気100%って東西で振り付けが違う。

まぁとにかく東だろうが西だろうが勇気100%を踊れないJr.っていないと思うので、そういう曲がこのフレッシュジュニアコーナーの最後を飾るのはすごい納得だし、14年組も「ジャニーズJr.」としての一歩を歩き始めたんだなぁと感じました。

大晴くんが間奏でようかい体操を踊ってみたりサビ前に小島よしおの「うぃ〜〜」をやってるんだけど、それを見守る怜爾くんは健在でした(笑)

 

愛のかたまり

じつは最初のピアノのところまで捌けずにステージにいるんだけど、すぐ暗くなって歌の前には捌けてしまうので「☆」で。

 

★Crazy My Dream

2014の春松竹の「Lost my way」、クリパの「Party Don't Stop」のような・・・!!い、色気・・・!

年を重ねるにつれてこういう曲で「魅せる」ことが上手くなるのは自然だと思うけど、分かってるけど、それでも毎回驚く。特に今回は「秘密」との振れ幅がすごく大きいから、なおさら。

真顔というより結構必死になってる気がしたのでこっちも緊張した。

確かなものなんてどこにも無いこと知って」れんれんが吊るされながらピンスポ浴びて、それを見つめるという場面があるんだけど、怜爾くんの斜め上を向いた時の顔は、驚くほどかっこいい。

アクエリアスとかのCM来たらハマると思う(小声)

この曲はドリボで玉森くんが披露した曲らしい。どうりで存じ上げなかった〜。かっこいい曲でした。

 

☆NAI・NAI ・16

小島がまた何かを捨てていった・・・!

私しらない・・・あんなに楽しそうにハキハキ踊るこじけん知らない・・・。

世紀末が来るぜ」あなたそんなに世紀末が来るの楽しみなの?(笑)って聞きたくなるような笑顔でした。

衣装が白タンクトップなのでシャイな子は嫌なんじゃないかなぁと思ってたけどこじけんが楽しそうなので良かったです。

 

★フルスイング

 室龍太くんのソロでバックが福福大吉。

この曲はNEWSのチャンカパーナのカップリングで、4人で活動を再開したNEWSにヒロイズムさんが提供したもの。NEWSとファンにとっては涙なしで語れない曲です。

なのに、ここ松竹座ではネタの導入になってるから超面白い。

フレーズごとに4人が出てきて一人ずつピンスポ浴びるからすごくおいしかった。怜爾くんは「立ち止まっていたとしたって夢は終わりじゃなくて」でした。

宏志朗は野球、大晴は剣道、怜爾くんはテニス、吉岡はゴルフの衣装。年代的に、部活っぽさが出ててすごく良かった。

これが俗に言う「テニスの怜爾様」です。

なにあれもう超かっこいいじゃん…かっこいい以外の言葉が見当たらないじゃん…

曲中は特におふざけはないのでひたすら「かっこいい…かっこいい…」と思うばかりで。まぁさすがに初日は「なんでテニス!!?サッカーじゃなく!?テニス!?」とは思いましたが(笑)

曲の後、次の曲につなげるためのコントっぽいのが入る。

4人がグダグダふざけて(主に怜爾くん以外)、龍太くん「なんで大阪人ってこういうの好きなん?」とキレる。

大晴「嫌いなんですか?大阪」

龍太「大阪は好きやで」

大晴「じゃあ好きって言ってください」

龍太「好き、大阪」

大晴「関西弁で!!」

龍太「好きやねん大阪!!」

まぁざっくりこんな流れです。そうです、バック喋る。(※怜爾くん以外)

最初は福福だけでしたが突然吉岡が「はーーいっ」って挙手してネタを披露したり…いや正直期待していた。ここで怜爾くんが発言することを。

しかし怜爾くんは声を放つことなく千秋楽を迎えました。一人一生懸命無言でサーブ打ちまくってたね。唯一の心残りでした。次回期待しています。

 

好きやねん、大阪。

ここから関西メドレー。主に柊和くんとのラケット取り合い合戦が見ものでした。いろいろありすぎて書けない。とりあえず「ラケットを取り合う」、それが永遠と続いていました・・・

とにかくみんな出てきてごっちゃごちゃしてて、楽しかった。ラケット取り合いばかりに気をとられていたけど、きっと色んなところで色んなことがあったんだろう。

 

★TAKOYAKI in my heart

★浪速一等賞!

ラケット取り合い続行。後半からは早食いの豚まんを少し食べてみたり、そうやって少しずつ前に出ることができて良かった。

 

★ええじゃないか

ここからダンス中心に。これも1年前の思い出がたくさん詰まった曲で、色々思うことがありました。

 

★ズンドコパラダイス

何と花道へ。ほぼ2〜3階で公演を観たので怜爾くんの姿が見えなくなるようなことも。切なくて嬉しかった。クリパでは花道に足を踏み入れたから、ようやく今度は花道を歩けるんだなぁ、って。

 

☆漫才

丈リチャ龍太くんで漫才。すごく面白かったし毎日ネタが違うというのが本当にすごいなぁとおもいました。本当に面白かった。

 

☆ゲームコーナー

日替わりで色んなゲームを。禁句ワードを設定してトークとか、イントロを聴いて感想を述べるとか、メンバーの秘密クイズとか。

 

☆MC

 

★ずっとLOVE

ここから愛メドレー。最初に出てきたのですごくびっくりしました。あと斜めのラインになって踊るところはなかなか見ないので新鮮でした。

 

☆愛 ing -アイシテル-

12年組ちびライン&14年組が二人一組で「あいしてる!」って言いながらハートを作る場面があって本当に羨ましかったです。

 

☆One Love

いや永瀬廉さんかっこよすぎでしょ・・・。白いジャケット。プロポーズ。見とれた・・・

 

★愛・革命 

フルスイングに次ぐ怜爾くんの見せ場。浜中文一さんのソロでバックは福福大吉。

まず黒タンクトップ。そこかいって思うけど、本当に怜爾くんの二の腕は・・・!!!

文一くんに一礼して、肩をもみもみ。笑ってはいけない松竹座2015すぎて怜爾くん真顔貫いてたけどきっと客席から自分を見れたら笑うんだろうな(笑)

宏志朗かな?文一くんにワイン(と見せかけたジュース)を注ぎ、文一くんが飲み「おいしい♡」とグラスを返す。残りは宏志朗が飲み干すのが続いたけれど、いつからか宏志朗すら飲みきれなくて怜爾くんの手に。飲み物を飲む怜爾くんの横顔ってのは本当に…本当に…ごちそうさまでした。

そのあとはソファーと共に捌ける。短いけれど、見るべきものが詰まった一曲でした。

 

☆Sorry Sorry love

☆Luv Sick

 

★Be cool

最初にあの赤いシャツで出てきたときは緊張しました〜。またシャツ出ちゃうんじゃないかなって(笑)

でもジャケットだったし、そんなことなくてすごく格好良かった。すごく動くから気付いたら階段上にいたり忙しかった〜。

クリパのExplosionと同じ振り付けが入ってた。あれ好きだから、嬉しかったです。

 

☆歩き出した夏

LIFE〜目の前の向こうへ〜

 

★ヴギウギ・キャット!

★JUMBO

花道に行った日もありました。めっちゃ跳んでた(笑)楽しそうでよかったです。 

 

★SEE YOU AGAIN

関西Jrの新曲。はぴらきや浪速一等賞のような明るい曲ではなく、シルエットみたいなバラード。

オリ曲が増えるのはうれしいから、素直に喜んだ。

きっといつかまた会えるから、今はsee you again

優しい歌。これで始まりのHappy Happy Lucky You!!、終わりのsee you again、始まりも終わりもジャニーズWESTが抜けてから関西Jr.が貰った曲になりました。

 

で、

 

★バンバンッ!!

アンコール、バンバン。ここもバンバンに代わる新曲があったらな〜〜!って!思う!さすがに!

だって予想がつくんだもん、アンコールでバンバンやるんでしょう?って。せっかくジャニーズWESTが音源化したんだし、ここにも新鮮味が欲しいです〜!クリパもアンコールがバンバンだったから尚更。

 

まぁだれがセトリ組んでるのか知らないのでこの辺にします(笑)

 

 

 

今回は15公演という例年のおよそ半分という短さだったけれど、その分内容が濃かったように思う。例年春は新喜劇だしね。だから、物足りなさは無かった。良かった。

 

また、14年組にとって初めてのコンサートになった。フレッシュJr.コーナーや、大阪メドレーに含まれる曲から見て取れるように「関西ジャニーズJr.」としての道を切り開くために、必要最低限の荷物を身につけて彼らは歩き出した。未来はまだキラキラしていて、すごく明るいんだろう。

 

誰かの始まりは誰かの終わりにもなった。

必要最低限から始まる荷物の量は、年月と共に重みを増していつのまにか背負えなくなる日が来る。

出会いがあれば別れがある、この春という季節の意味を深く考えた。

 

いつか私にもそんな日が来るのか、すごく考えさせられた。

 

色々考えたけど、やっぱり後悔しない、させないように自分なりに応援を続けていこうと思います。

2015年度も、全力で頑張ってください!

 

春休みスペシャルshow2015 11日間 15公演、お疲れ様でした!